第19回日本脳神経血管内治療学会北海道地方会

ご挨拶

 さて、来る平成30年10月20日土曜日に北海道大学医学部臨床講堂にて、第19回日本脳神経血管内治療学会北海道地方会を開催する運びとなりました。現在、本会の盛会に向け、鋭意努力しているところでございます。
 脳神経血管内治療の領域は、日々新しいデバイスが導入されておりますが、脳卒中急性期の血栓回収療法に関する新たなエビデンスが次々と発表され、その重要性が明らかになるとともに、社会に果たすべき役割も益々大きなものとなっております。本学会の目的は、幅広く知識の交流を深めることで、高い専門性を要求される脳神経血管内治療を発展させ、且つ脳卒中・脳神経外科患者の医療に寄与することとしております。
 2015年度より、学会のホームページを立ち上げ、学会運営の簡略化のみならず、より即時性をもった会員間の情報交換、さらには会員と企業間の双方向の情報交換の場を提供することを目指しております。
第19回日本脳神経血管内治療学会 北海道地方会
会長黒岩 輝壮
(社会医療法人北斗 北斗病院 脳神経外科脳血管内治療センター)